マーティン・マッカーサー インタマ店 コア・ウッドの魅力 

 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ46 二日目その6 いきます。

 

マーテイン・マッカーサーは、ハワイアン・コア のミュージアムみたい

 

 

インターナショナルマーケットプレイス2階を お散歩していたら、マーティン・マッカーサーを見つけた。1961年創業のハワイアン・コアウッドの専門店 だ。

インタマ店は 2017年6月2日オープンで、この時はオープンして10日余りの出来立てだったんだね。

 

285 マーテイン・マッカーサー

 

コア・ウッドは、アカシアの一種で  美しい木目と 年月を経るほどに味を増す色合いが魅力らしい。

ハワイ州にのみ自生する固有種で30mほどの高さに育つ大木だ。

コア とは、ハワイ語で 勇気とか勇者をあらわすらしい。

 

マーティン・マッカーサーには、職人さんがこだわりの技術で製作した コア製品が並ぶ。まさにハワイ旅行の記念に ぴったりだとは思うんだけど、なかなか気軽に手の出るお値段ではない (-_-;)

 

それは承知してるんだけど、まるでミュージアムの様に整った  気品ある店内に惹かれて入ってみた。

 

284 マーテイン・マッカーサー店内

 

入り口付近にあった パッと目を引くサーフボード。ハワイの森深くの滝の絵が見事に描かれている。

コア・ウッドって耐水性が強いから、サーフボードやカヌーにも最適なんだってね。

このインパクト大のサーフボードは、実際に波乗りができるサイズだけど、もしも購入したら飾っとくよね(笑)

 

 

 

アウトリガーカヌーの模型も飾ってある (売っている?)。

その昔、神聖な木と崇められていたコアの樹を カヌー等を造るために切り出す際には たくさんの供え物をしたそうだ。昔から大切にされてきたハワイの宝の様な素材なんだね。

 

283 マーテイン・マッカーサー店内

 

アウトリガーカヌーの模型に出ている流れるような木目は、非常に美しくて見入ってしまう。

 

 

 

同様に美しい木目が出てるコアの小物を思い切って(笑)手に入れて 大切に 使い込んでいくのも有りかもね。

 

282 コア・グッズ

 

このフォルムも木目も素敵なホヌさんは、この店のロングセラーですね。

 

279 コアのカメさん

 

私がマーティン・マッカーサーという店名を知ったのは10年以上前のガイド本の特集だった。

その記事に ユニークな ゲッコー(ヤモリ) の形のコア製フックボードの写真が掲載されていた。そのゲッコーが痛く気に入ってしまった私は、いつか、マーティン・マッカーサーに行ってチェックしてみたいと思いつつ、10年以上の月日が過ぎた。

 

ところが、今もちゃんとあったんです、ゲッコーのフックボード!感激だ。

でも、衝撃の$68・・・コア製品ってちょっとしたものでも これくらいのお値段がするんですよね。

 

「せめて、写真を」と、撮ったつもりが写ってない・・・カメラのシャッターを押しきれてなかったようで・・・今回ハワイでは、このミスを連発( ;∀;)

いつか、迎えに行くから、待っててね。ゲッコーさん。

 

 

コア・ウッド製の万年筆とか、スマートフォンケース、腕時計なんかもあったよ。コースターも色々あったけど、コア製かどうかはわからない。

 

280 マーテイン・マッカーサー店内

 

 

ヘザー・ブラウンさんの絵も たくさん置いてありましたね。

 

280 マーテイン・マッカーサー店内

 

 

 

 

それと、クイーンズコートのステージを見下ろせるこの2階のテラスに、コア・ウッド製の ゆり椅子が並んでる。 これは、マーティン・マッカーサー製の物なんだって。(写真は、引き伸ばしすぎてボケてます(-_-;)・・・)

カヌーにも使われるコアだもの、きっと屋外でも耐久性があるんだろうな。

 

マーテイン・マッカーサーのゆり椅子

 

 

マーティン・マッカーサーの店舗は、ここインタマ店の他に シェラトンワイキキ、ヒルトン、アラモアナショッピングセンターにもあるが、コア・ウッドの家具まで置いているのは、唯一の路面店で広さのある ワードセンター店だそう。数十万円するそうだけどね (^^;

 

ハワイの王族が愛したという、コア・ウッドの家具も ちょっと眺めてみたいね。

 

 

 

2017.6ハワイ47 二日目その7 に続きます。

Mahalo

 

 


インタマでクイーンエマ一家に再会、ツリーハウスも寄ってみた 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ45 二日目その5 いきます。

 

インターナショナルマーケットプレイスはオアシスみたい

 

カネオヘ へのオプショナルツアー後、着替えてインターナショナルマーケットプレイスに繰り出した。

 

276インタマのバニヤンツリー

 

カラカウア通り沿いの入り口から入ってすぐ、樹齢150年と言われる 仙人みたいなバニヤンツリー。

その幹の間をかいくぐるように設置された2階からの通路は、ツリーハウスへと続いている。ツリーハウスと言っても、下からしっかり支えられており お爺さんバニヤンツリーに しんどい思いをさせてはいない。

後で2階に上がって、ツリーハウスにも行ってみよう。

 

まずは、真ん中を流れる小川に沿って 奥へと進む。南国風の植栽が豊富に施され、オアシスみたいな空間だ。ベンチやチェアーも多くあり、一息つくのにもいい。

 

しかし、ホントに お洒落なショップばっかりになっちゃったなあ。お馴染みのクッキー店を見つけて、ほっとする始末だ。

 

 

クヒオ通り側の入り口に近いところまで進むと、クイーンズコートと名付けられた緑の芝生の広場がある。芝生やユニークな石のベンチに座って観賞できる こじんまりとしたステージも設置されている。

 

277インタマ ステージ

 

 

そのステージの脇には、なんとエマ王妃の銅像。両手に一輪ずつ持つのは、天国の薔薇という意味を持つロケラニの花かな? そして、エマ王妃の視線の先には・・・

 

278 エマ王妃

 

 

4歳で亡くした息子アルバート王子と、その翌年にこの世を去った夫 カメハメハ4世の姿が。

アルバート王子の足元にいるのは、一家の肖像画にも描かれた愛犬だろうか?

 

父子 (3)

 

ステージを挟んで このように向かい合っている。エマ王妃の気持ち、届くといいな。

 

277 カメハメハ4世とエマ王妃 矢印と名前


この前日にダウンタウンの歴史地区を歩いて、カメハメハ4世とエマ王妃にゆかりのある セントアンドリュース教会にも行った私達には、思わね再会でもあった。

 

この御夫妻は、外からやってくる病気に免疫のなかったハワイ原住民のために病院を造ることに尽力したことで知られる。その病院は今もクイーンズ・メディカル・センターとしてサウス・ベレタニア通りに残っている。

(その一方で、カメハメハ4世は 瀕死の床にあったアルバート王子の回復を願って パンチボールの丘での最後の生け贄を命じたという黒歴史?も・・・)

 

でも クイーンエマ、どうしてここに?

 

それは、このインターナショナルマーケットプレイスの立つ地は エマ王妃が所有していた土地だったから。今はクイーンエマ財団というところが管理しているらしい。

エマ王妃に興味を感じていただけたら、クイーンエマ一家の運命とゆかりのセント・アンドリュース教会の記事もどうぞ。

 

 

 

このインタマのクイーンズコートのステージでは、毎日 日没の時間ごろに(季節によって変わるらしい)フラショーをやってるみたいだよ。

クイーンズコートの すぐ脇(クヒオ通り側の出入り口近く)に インタマのフードコート「THE STREET」も見つけたから、夕食を取りがてら フラショーを見に来るのもいいな。

「THE STREET」の中をぐるっと一周してみたんだけど、グルメなフードコートって感じで期待できる。

 

エスカレーターで 2階に上がってみた。2階にもベンチがたくさんあるし、2階からでもステージが見渡せるね。

 

287 インタマのステージです

 

 

 

2階の通路を バニヤンツリーのあるカラカウア通り側の方へ戻る。下を覗くと、こんな風だ。 あ、あれは 私のお気に入りのチェアーだ。

 

289 インタマ2階から

 

 

 

2階ができたことで 見上げるばかりだったバニヤンツリーさんに こんなアングルから対面できちゃった。かなり、新鮮・・・

 

288 バニヤンツリー

 

 

 

この通路を通って、ツリーハウスに行けるのだ。

 

302 インタマ ツリーハウス

 

みんな、ちょっと覗いてみたくなるよね、やっぱり。

 

304 インタマ ツリーハウス

 

 

ツリーハウスから見たバニヤンツリーの幹。超至近距離〜でした。

 

303 ツリーハウスの窓から

 

 

 

 

またまた、エスカレーターで3階にも上がってみた。

3階は、「グランド・ラナイ」と名付けられたレストラン街となっていた。

ゆったりとした空間に、テラス席付きのレストランが何軒か・・・

 

306 インタマ

 

 

ん? これは イーティング・ハウス。 あのロイズのロイ・ヤマグチさんのお店だ。

こちらは、カジュアルレストランということで そのうち、トライしてみたいもんだ。

 

308 インタマ イーティング ハウス

 

グランド・ラナイには、他にもステーキ、ラーメン、和食、ピザ、飲茶、シーフード等、様々なレストランが開店したらしい。

 

 

次回は、インターナショナルマーケットプレイスで 気になって寄ってみたショップを紹介です。

 

 

 

Mahalo

シーウォーカーとサンドバーのツアー3つ譴鯤發い拭 

 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ44 二日目その4 いきます。

 

トラベルドンキーで予約したオプショナルツアー、トロピカル・オーシャン・スポーツ半日コース(催行会社は、TOS HAWAII INC.)の体験記3 です。

シーウォーカーやサンドバー等を体験するツアーです。

 

シーウォーカー体験記 

 

サンドバー散歩やバナナボートを終えて、いよいよ残すは シーウォーカーだ。

さて、どんな世界を体験できるのか ワクワク・・・

 

17 シーウオーカーで

 

まず、一緒にシーウォーカーに参加する十数人が小型船に乗り込んだ。 海上基地の様な母船から少し離れた場所に移動するのだ。

海上を移動した先には、シーウォーカー専用らしい いかだ型の船が待っていた。

 

ここには、いろんなサイズの ダイビングスーツが用意されていた。ダイビングスーツも初体験だぞ。身体をギューッと詰め込む感じで ファスナーを上げて 無事 ダイビングスーツの中に収めた (^^;

 

そして、6人ずつ シーウォーカー体験だ。順番に海底へ降りるための梯子につかまって肩から上だけ水上に出す。

スタッフの人が 首まですっぽり覆う宇宙飛行士みたいなヘルメットを上から被せてくれる。それを合図に梯子から手足を放して一気に海底へ沈むのだ。

 

シーウォーカー ヘルメット

 

このヘルメットの重さは なんと、36キロだそうだ。

被せられた瞬間、「重っ!」・・・梯子から手を放す恐怖も忘れて、ブクブクと海底に沈んでいったのであった。

 

と、言うものの そんなに深くはない。水深6~7メートル位だろうか。すぐに海底に足がつくのを感じた。わわっ、魚がいっぱい!

 

18 海の中

 

先に海底で待機していたインストラクターさんが、親指を立てて突き出し「OKかい?」

海底にそろった6人も 同じように親指を立てて「OKで〜す。」

これが 水中での確認の方法だった。何か不具合があったり、気分が悪い場合は、顔の前で垂直に立てた手のひらを振って 知らせることになっている。

 

私達が被ったヘルメットは、長ーい管で船の上から絶えず酸素を送られている。

 

14 シーウオーカーのポンプ

 

3メートル程の棒状のものに 両側からつかまって2列に並んだ6人は、インストラクターさんに従って海底を少し歩く。あんまり遠くには行けないはずだ。このヘルメットの管が届く範囲だろう。

 

ああ、でも今、確かに海の中を歩いてる・・私達は、まさに シーウォーカーだあ!

 

そのうちにも インストラクターさんが渡してくれたパンのかけらに魚たちが押し寄せるーー

すごっ、あっという間に私達は ファンに殺到されたアイドルグループの様な状況に(^^;

 

16 シーウォーカーで見た

 

パンもなくなり、魚たちも少し減ったころ また インストラクターさんの「OKかい?」が入り、私達はUターンして 船の下あたりに戻る。

船への梯子を上り、36キロのヘルメット(海中では重くない)を取ってもらい、引っ張り上げてもらって終了。

 

15分程の短い時間だったが、貴重な面白い体験だったな。

 

19 シーウォーカーアップ

 

ダイビングスーツを脱いで 海上基地に帰る前に、船上に 小型冷蔵庫を横に倒したほどの大きさの機械を発見。長い管が7本つながれている。そう、これで海中のヘルメットに酸素を送ってくれてたんだ。

「これもカメラに収めとかなくちゃ」と 激写してたら・・・

 

いつの間にか、海上基地の母船に帰る小型船に 乗り損ねてしまってたー!

さっきまで ここにいた相棒キャシーさんも 私を置いていってしまったー!

 

でも、もう一隻の小型船に乗せてもらった私は、ビューンと高速でシーウォーカーのメンバーを追い抜いて海上基地に到着・・・こんなご迷惑をかけて撮ってきた 酸素を送る機械の写真は インスタント水中カメラを現像してもらったら、どこにも映っていなかったのでした(-_-;)

 

 

 

この後、まだ時間があるということで、スキューバダイビングも体験させてもらえることに。

 

264 シュノーケリング

 

ライフジャケットを着て船から少し泳ぐ。ここでも パンのかけらを分け合ったので さっきのシーウォーカーの時と同じ種類の魚が、わんさか寄ってくる。

 

昔、餌付けが禁止されているハナウマ湾でやったスキューバダイビングの方が 自然な感じで私は好きだったかな。

 

 

 

 

さあ、全て終わって 海上基地は へエイアケイア・スモールボートハーバーに戻る。

 

266 港へ帰還

 

 

 

ハーバーで見かけた ヘエイアケイア・ピアだって。ツアーで来たんじゃなかったら、ふらっと寄ってみたいかも。

 

268 カネオヘのピア

 

この後、また大型バスで ワイキキに戻ったら 午後2時過ぎだった。

 

 

 

 

Mahalo

 

 


シーウォーカーとサンドバーのツアー◆.ネオヘ湾 サンド・バー 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ43 二日目その3 いきます。

 

トラベルドンキーで予約したオプショナルツアー、トロピカル・オーシャン・スポーツ半日コース(催行会社は、TOS HAWAII INC.)の体験記2 です。

シーウォーカーやサンドバー等を体験するツアーです。

 

 

まずは 海亀探し、サンドバー散歩、バナナボート

 

やっぱり不思議、カネオヘ湾の海の色。深い青の中に所々帯状に白い部分が・・・はっきりと分かれて見える。こんなの初めて見たよ。

 

254 海の色の違い (2)

 

カネオヘ湾は、どうやら 1億年位前の火山の噴火でできたクレーター(カルデラ?)の中に 海水が流れ込んでできたらしい。

 

サンドバーは、そのクレーターの淵にあたる外輪山に 長い年月をかけて白いサンゴの砂が堆積してできたものということかな? 沖の水中から潮の満ち引きで 顔を出したり引っ込めたりするサンドバーは水中深くからそびえる外輪山の尾根ということか?

 

それなら、サンドバーのすぐ脇はもう いきなり深い海なわけだから、この色のコントラストの強さも解る気がする。

 

 

 

しばらく進むと、カメが多く生息する場所ということで、みんな デッキに出てカメを探す。

カメさんは一度チラッと姿を現したらしいが、私達は目撃できず 残念!

カメウォッチングは そこそこに終えて、「海上基地」は 白いサンドバーの見える辺りに拠点を構えた。

 

サンドバーへ

 

そこから交代で10人くらいずつ、スタッフの人と二艘式のカヌーを漕いでサンドバーに上陸する。ライフジャケットとマリンシューズを借りて身に付けている。

キャプテン・ブルースという催行会社なら、直接サンドバーに降り立てるらしいけど、こうやってカヌーを漕いでやってくるのも なかなか面白かった。

 

01 サンドバーへカヌーで

 

 

 

この時水深は、膝下くらいまでだった。海のど真ん中に立ってる不思議な感覚を存分に味わう。

 

02 サンドバー

 

サンドバーと言えば白い砂浜が海上に顔を出してるイメージが強いが、実際には昼間にそこまで潮が引くのは 年間60回足らずだという。
そこにこだわるなら、このサイトで サンドバーの各日時の水深がわかるよ。このサイトに表示されてる1フィート(ft)は30センチ強だって。

 

 

 

 

こんなこともしちゃいました・・・うーん、気持ちいい

 

04 サンドバーで

 

サンドバー、ハワイ語では アフ・オ・ラカ(Ahu O Laka)

・・・(フラの女神)ラカ の丘 と、いう意味だそうだ。 フラの女神ラカが 火の女神ペレに フラを捧げたといわれる神聖な地。 

アメリカから宣教師がやって来てフラが禁止になった時代(1830〜1874年)も 人目を避けられるこの場所でフラを踊って神に捧げていたらしい。

 

 

ここに降り立てたのは大満足だけど、まあ他に取り立ててやることもない。 次の人達が漕いできたカヌーで基地に帰るまでの10分程度の滞在時間で ちょうど良かったかな。

 

 

サンドバーの付近には 他のツアー催行会社の船も 何隻か見かけたよ。

 

256 サンドバーには他のツアーも? (2)

 

 

 

海上基地(船)に戻った私達は、次はバナナボートならぬサメの形の10人乗りシャークボートに挑戦。この時も もちろん、ライフジャケットを着ている。

 

バナナボート確認262  (2)

 

 

 

こんな風にモーターボートで引っ張ってもらう。これは、予想に反してスリリングで 眼を開いていられないくらい水しぶきを浴びた。でも、面白かった。

 

257 バナナボート (2)

 

 

 

シャークボートから びしょ濡れで戻ると、テーブルに大量のスナック菓子とミニドーナツが用意されていた。暖かいコーヒーやお茶も自由に飲める。

1日コースの人は、カレーライスの昼食を食べてたな。

 

次は、いよいよ シーウォーカー!

続きは次回シーウォーカーとサンド・バーのツアーで。

 

 

 

2017.6ハワイ44 二日目その4 に続きます。

Mahalo

 

 

 


シーウォーカーとサンドバーのツアー .肇薀戰襯疋鵐ー 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ42 二日目その2 いきます。

 

トラベルドンキーで予約したオプショナルツアー、トロピカル・オーシャン・スポーツ半日コース(催行会社は、TOS HAWAII INC.)の体験記1 です。

 

TVで見た 海の中を歩く体験、ついにやっちゃう?

 

今回のハワイは せっかく6月に来たんだもん、何か海のアクティビティにも挑戦したい。

 

去年の夏 「有吉の夏休み」でチラッと出てきたシーウォーカーなるものがやってみたいな。でも、海の中に浮かぶ砂浜 サンド・バーにも まだ行ったことないんだ。こちらも捨てがたい。

ところが、ところが、この二つが合体した ご機嫌なオプショナルツアーを見つけてしまったのだ。

 

11 シーウオーカー2

 

いうわけで

二日目の主なスケジュールは、サンド・バー(カネオヘ湾の沖に潮がひくと現れる浅瀬)と、シーウォーカー(海中散歩?)等、海のアクティビティのオプショナルツアー(現地発ツアー)だ。

 

今回は、トラベルドンキーという世界50か国で様々なオプショナルツアーを扱う会社に 日本からネットで予約した。

トラベルドンキーが取りまとめてる?催行会社の一つ TOS HAWAII INC.のトロピカル・オーシャン・スポーツ半日コース。

 

サンド・バー体験に 選べる海のアクティビティがついている。私達が選んだのは、シーウォーカー+バナナボートのコースだ。(ジェットスキーや体験スキューバー +バナナボートも選べる) ネットからの割引料金で$95なり。

 

 

246 サンドバーツアーのバス

 

午前のコースを申し込んだので朝7:55に ホテル前から案内されて近くで待機中のこのバスに乗り込んだ。服の下に水着を着込んでいる。いくつかのホテルからピックアップされ、大型バスは満席だ。

 

243 サンドバーツアーのバスの中

 

カネオヘ湾まで1時間弱の道のりだ。海の女って感じに焼けたインストラクターのABEさんが、道々 ツアーについてジョークを交えながら説明してくれる。

 

 

その中で ツアーの船でインスタント水中カメラを$15で売っているという説明が・・・

昨日、ABCストアで買っちゃったよー、$17で。

(帰国後、日本のカメラ屋さんで見たら、1760円だった。換算すると、$15くらいだね。)

 

これらは、パッケージに違いはあるものの全て27枚撮りでフジ・フイルム製だった。

ゴム製のストラップがついていて、手首にはめておける。

 

226 防水カメラ2

 

 

 

カネオヘ湾に突き出すへエイアケイア・スモールボートハーバーに到着。 

バスから港へと降り立った今日 ご一緒するメンバーです。

 

244 カネオヘ港に着きました

 

 

 

 

 

遠くに ちっちゃく チャイナマンズ・ハット みっけ! あの辺りが、クアロアなのね。

 

チャイナマンズハット見つけた 矢印

 

 

 

ボートハーバーに停泊中の船たち

 

247 カネオヘ港1

 

 

248 カネオヘ港2

 

 

 

 

そして、乗船のために 長い列を作る。 この船じゃないよ。この向こうにある船です。

まだ、見えていません。

 

250 乗り込む船

 

 

 

 

これです。なんか、平べったい船だな。安定性ありそうだけど。

これで沖の方に移動して、ここを拠点に カヌーでサンドバーに行ったり、小型船でシーウォーカーをする場所に行ったりしたのだった。エンジン付き海上基地って感じ (^^♪

 

251 サンドバーツアーの船

 

後で私たちも乗ることになる(バナナボートならぬ)赤いシャーク・ボートも しっかり連れていく。

 

 

 

海上基地?の中は けっこう広い空間があってテーブルやベンチがあり、大勢でも大丈夫。さらに、前方には広めのデッキもついている。もちろん、トイレ付き。

 

251船内

 

 

いよいよ出発だ!

 

252 カネオヘ湾に

 

雲が多くて海の色が暗い。お日様が出てくるといいのにな。

でも、所々に明らかに海の色が違う(白っぽい)部分が見受けられる。あれは何? サンド・バー?

続きは次回シーウォーカーとサンド・バーのツアー△如

 

 

 

2017.6ハワイ43 二日目その3 に続きます。

Mahalo

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM